ミラブルのμm(マイクロメートル)って何?ファインバブルが一目瞭然でわかる!

ミラブルのファインバブルの説明に出てくるμmって何?
なんて読むの?
ファインバブルの大きさについて詳しく知りたい!

CMで話題のミラブル(新商品はミラブルプラス)のシャワーヘッド。ミラブル(プラス)の洗浄力の説明にあるファインバブルの大きさのμmについて、わかりやすくまとめてみました。

先に結論から言うと、

μmの読み方はマイクロメートルと読み、1m(メートル)の1/1,000,000の長さの単位です。

1m(メートル)の1/1000が1mm(ミリメートル)、1mmの1/1000が1μm(マイクロメートル)です。

ミラブル(プラス)の、ミスト水流に含まれるウルトラファインバブルは0.13μm、ストレート水流に含まれるマイクロバブルは10μmです。これは含まれるバブル(空気)の大きさを表しています。(詳しいバブルの個数については後述します。)

この小さなバブル(空気)には、汚れをかき出す洗浄力があり、ミラブル(プラス)のCMでほっぺのマジックを落とす洗浄力の秘密は、このウルトラファインバブルの力です。

ミラブル(プラス)のウルトラファインバブルを試すなら、30日返品保証付きの下のショップがおすすめです。

30日間の返品保証付き↓
■ミラブルの詳細はコチラ

ミラブルのウルトラファインバブルのサイズの説明にあるμmについて

冒頭でまとめた内容からお伝えしましたが、ここから先はミラブル(プラス)のμmについてもう少し詳しく掘り下げて紹介していきます。

ミラブル、女性画像

ほっぺの油性マジックを落とすCMで話題となっているミラブル(新商品はミラブルプラス)のシャワーヘッド。

ミラブルプラスのパンフレットや商品サイトでの説明を見ると、微細な泡(バブル)が油性マジックまでも落とす洗浄力の秘密と書かれています。

その微細な泡(バブル)のサイズと量のところにこんな画像があります↓

ミラブル、ウルトラファインバブルの図
ウルトラファインバブルのサイズと量の画像 ※販売サイトより引用

画像の中にあるμmと言う単位について、もう少し詳しく説明していきます。

1μmとは?どれくらいの大きさ?

1μmとは何でしょうか?またどれくらいの大きさなのでしょうか?

まず、読み方ですが「μ」はマイクロと読みます。なので、μmはマイクロメートルと読みます。

μmは長さの単位で1m(メートル)の1/1,000,000の長さです。

身近で見る一番小さな単位は1mm(ミリメートル)が多いかと思いますが、1m(メートル)の1/1000が1mm(ミリメートル)です。

さらに1mm(ミリメートル)の1/1000が1μm(マイクロメートル)です。1mmの1/1000と言えば、どれほど小さな単位なのか、少しはご理解いただけるかと思います。

μmはかなり小さなサイズの単位ですが、毛の大きさ等と比べるとさらに理解しやすいです。

ファインバブルのサイズ

だいたいのμmの大きさがわかったところで、もう一度画像を見てみましょう。

ミラブル、ウルトラファインバブルの図
ウルトラファインバブルのサイズと量の画像 ※販売サイトより引用

これを見ると、

  • 毛穴が約100~300μm
  • 毛の大きさが約80μm
  • ミスト(霧状の水滴)が約50~100μm
  • マイクロバブルが30μm
  • ウルトラファインバブルが0.13μm

と書かれています。

画像の説明に「ファインバブルのサイズと量」と書かれているので、ファインバブルの説明を先にします。

ファインバブルについて一目瞭然でわかる説明

ファインバブルについての詳しい説明が、経済産業省の資料に書かれていたので紹介します↓

ファインバブルとマイクロバブルとウルトラファインバブル
ファインバブルとマイクロバブルとウルトラファインバブル ※見づらい場合はクリックすると拡大します。 ※ファインバブル活用事例集より引用

引用元:経済産業省九州経済産業局「ファインバブル活用事例集」

図の通り、マイクロバブルは1μm~100μmのことで、それより小さい1μm以下のバブル(泡)をウルトラファインバブルと呼ぶようです。

そして黄色の枠線の中に書かれている通り、マイクロバブルとウルトラファインバブルはファインバブルの一種です。

早速ファインバブルの洗浄力を試してみようと思ったら、以下のミラブルのショップからどうぞ。

30日間の返品保証付き↓
■ミラブルの詳細はコチラ

ここまで理解してもらったところで、ミラブルプラスに含まれるマイクロバブルとウルトラファインバブルの量について、もう少し詳しく説明していきます。

ミラブルプラスに含まれるマイクロバブルとウルトラファインバブルの個数

ミラブルプラスに含まれるマイクロバブルとウルトラファインバブルをわかりやすくする為に、もう一度ファインバブルについての画像を見てみましょう。

ミラブル、ウルトラファインバブルの図
ウルトラファインバブルのサイズと量の画像 ※販売サイトより引用

これはパンフレット等にあるミラブルプラスのファインバブルのサイズの説明に書かれている画像ですが、ファインバブルの個数も書かれています。

  • ストレート水流1ccにマイクロバブルが30μm×6000個
  • ミスト水流1ccにウルトラファインバブルが0.13μm×2000万個

ミラブルプラスには水流の切り替えができるようになっていて、ストレート水流とミスト水流を切り替えて使えるようになっています。

また、1ccの大きさの説明ですが、

1cc=1ml=1辺が1cmの立方体

のことで、角砂糖1個くらいの大きさをイメージしてもらえればわかりやすいです。

つまり、ミラブルプラスをミスト水流で使用すると、角砂糖1個の大きさの水の中には、ウルトラファインバブルが2000万個含まれていると言うことです。

これがミラブルプラスの洗浄力の秘密です。

ファインバブルの洗浄力について

ここまで紹介してきたファインバブル(マイクロバブルとウルトラファインバブル)には、肌の間につまった汚れをキレイにかき出す洗浄力があります。

ファンデーションの洗浄力テストが販売サイトに載っていたので紹介します↓

ミラブルのファンデーション洗浄力テスト
ファンデーションの洗浄力テスト ※販売サイトより引用

CMでほっぺのマジックを落とす洗浄力は、ミラブルプラスのミスト水流のお湯をかけた時のウルトラファインバブルの力のおかでです。

0.13μmの大きさのウルトラファインバブルを含んだミラブルプラスを試すなら、30日返品保証付きで買える下のショップがおすすめです。

30日間の返品保証付き↓
■ミラブルの詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました